ぱないの!

いただきましたコメントより。

> 椅子のキャスターでしのぶさん轢かないようにガムテープブロックするとええで。
実は一度試しました。椅子の下に敷いてるチェアマットと擦れて設置したガムテープの芯が不規則に暴れてかえって危なそうな感じになったので廃案になりました。フローリングに直接なら摩擦が少ないんで大丈夫だったのかもしれません。

>私は、しのぶさんが椅子の脚にからまりながらリラックスしてる様子見て「椅子で、痛い思いも怖い思いもしたことないんだな~。しのぶさんパパすっごく気をつけてらっしゃるんだな~!」と、ほっこりしてましたが。

懺悔します。最初に一度だけ尻尾を少し轢いたことが事があります。ミギャッって声をあげて飛びあがって逃げました。そこに残った抜け毛の塊を見てそれ以来椅子を動かす時は必ずしのぶの姿を確認してからになりました。

しのぶさんの心身に危害が及ばないように気を付けたいともう一度思い直しました。


さて、前回の動体撮影の失敗の理由としては以下の通り。
(1) オートフォーカス任せにしたためピントが合わない
(2) 猫の動きが早くてシャッタースピードが間に合わずブレる

このことを踏まえてリベンジした日の撮影結果。

1.まずは撮影場所にピントの目標となるもの(写真では爪とぎ)を置いてフォーカスをマニュアルで設定。被写体をこの位置に誘導すればピントは合うはず。
更にシャッタースピードは1/1000に設定。これで素早いネッコでも止まって写るやろ
2017-08-20-03752




2.まずは様子見。今度はピントも合っていい感じの出だし
2017-08-20-03799
2017-08-20-03800
2017-08-20-03801
2017-08-20-03802
2017-08-20-03803
2017-08-20-03804
2017-08-20-03805
2017-08-20-03806

2017-08-20-03807

3.昇ニャー拳再び
2017-08-20-03786
2017-08-20-03787
2017-08-20-03788
2017-08-20-03789
2017-08-20-03790
2017-08-20-03791

4.着地寸前の一枚がワロスw
2017-08-20-03816
2017-08-20-03817
2017-08-20-03818
2017-08-20-03819
2017-08-20-03820
2017-08-20-03821

5.3枚目のピシッと決まった写真の次が大らかで微笑ましい
2017-08-20-03870
2017-08-20-03871
2017-08-20-038722017-08-20-03873
2017-08-20-03874

6.空中姿勢はやっぱり予想外の絵が多くて楽しい
2017-08-20-03921
2017-08-20-03922
2017-08-20-03765
2017-08-20-03766
2017-08-20-037712017-08-20-03929
2017-08-20-03930
2017-08-20-03932

7.しのぶさん……その構えは……まさか?!
2017-08-20-03995
EntryImage

8.フィギュアスケートでジャンプ失敗した時みたいな転び方
2017-08-20-03985
2017-08-20-03986
2017-08-20-03987
2017-08-20-03988
2017-08-20-03989
2017-08-20-03990
2017-08-20-03991

9.そんな試行錯誤の中でのベストショット。お見事でございまする
2017-08-20-03943

10.動体撮影が終了して休憩中2017-08-20-04007
2017-08-20-03998
2017-08-20-04000

11.サムネで見ると完全にワイセツ映像……
2017-08-20-04003

12.もうちょっとだけ遊ぶんじゃよ
2017-08-20-04015
2017-08-20-04069
2017-08-20-04104

13.全部終わってマッタリ(*´ω`)
2017-08-20-04142
2017-08-20-04118
2017-08-20-04119
2017-08-20-04127
2017-08-20-04138

今回はここまで。
ぱないの!